外形標準課税

昨年末から今年にかけて

県税事務所から外形標準課税の問い合わせが多い

外形の調査も行われているようだ

その問い合わせで、「この数字はどうやって計算したのですか?その資料を下さい
という依頼が多い



そこで思った

所内の資料は外部にも出せるように

誰が見ても分かるように作らなければいけない

所内の資料だとこれで分かるだろうと

分かったつもりで作成するので簡単に作ることが多い

しかし、外から見るとどうやってみるんだ??というものばっかりだ

自分が作った資料でさえ1年後に見てみると

あれれ。。。どう見るんだっけ??(>_<)

きれいに作る必要はないが

分かるように作るというのが大事だと思います

クライアントごとに資料を作るのであれば

フォーマットは統一させたほうが絶対にいい

そうすれば仕事も速くなります!

前担当者から引継いでそのままっていうのも多いですが

それが分かりにくいのであれば変えることも大事ですね

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
福岡市で税務・会計・経営コンサルタント
山下久幸税理士事務所
★有料メルマガ絶賛配信中!
http://www.mag2.com/m/0001670898.html
〒819-0006 福岡市西区姪浜駅南1-8-5-412

お問い合わせは TEL 092-717-3648
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Categories: 1:やまの独り言

有料メルマガ 無料メルマガ ブックス(FAX)通信 勉強会セミナー情報 パートナー税理士募集
2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930