償却資産税の対象

本日も1月業務の関係です

償却資産の対象となるものの判定は

微妙なものが多いですね

これは建物でOKなのか?

建物附属設備の科目で処理しているけど

申告は必要なのか?

そういった質問が多いです

福岡市のHPで区分表が詳しく載っています

こちら ⇒ 福岡市


家屋の評価対象となるものも数多く書かれています

これは自社の建物に附属した設備で区分されたものなので、賃借家屋の場合は異なるようなので注意が必要です

詳しくは区役所まで問い合わせ下さいと書かれていますが

どっかの法律に細かなことは書かれているのかな?

地方税法??それとも通達??

詳しく調べてませんが。。。。(>_<)


償却資産の区分では次のことを考えて

検討すれば良いと思います

==============================================
<家屋の評価対象となるもの>
=償却資産の対象とならないもの

家屋に取り付けた建築設備で、通常家屋と構造上一体となって

その効用を高めるものは、家屋として固定資産税が課税されます


<償却資産の対象となるもの>


単に移動を防止する程度に家屋に取り付けられたもの、

又は、,独立した機器としての性格の強いものは、

償却資産として固定資産税が課税されます
==============================================

無駄なものは申告する必要はありません

償却資産税って、税理士試験科目の

固定資産税で習うのかな?

勉強した人はこの区分は知っているかもしれませんね

まあ年1回の行事だが・・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
福岡市で税務・会計・経営コンサルタント
山下久幸税理士事務所
★有料メルマガ絶賛配信中!
http://www.mag2.com/m/0001670898.html
〒819-0006 福岡市西区姪浜駅南1-8-5-412

お問い合わせは TEL 092-717-3648
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Categories: 1:やまの独り言

有料メルマガ 無料メルマガ ブックス(FAX)通信 勉強会セミナー情報 パートナー税理士募集
2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930