建物の取得価額

今日は譲渡所得についてです

土地や建物を譲渡した場合には

譲渡所得が課税させます

売却代金-買った値段=利益 ← これに税金が課税されます

詳しくは国税庁のHPで確認下さい
土地建物を売ったとき

売却益を計算するときに

買った値段が必要となります

買ったときの契約書で確認をするのが一般的です

その契約書で土地・建物合計で5,000万円と記載されていた場合は

どうやって区別するのでしょうか?

なぜ区別するかというと

土地は買ったときの値段でOK!

しかし、建物は時の経過により価値が減少するため

減価償却費相当を買った値段から差し引かなければいけません

そのため建物を買った値段がいくらなのか?

を把握する必要があります

契約書に消費税額が書かれていれば

それを割り返して建物の値段を求めます

<例>
消費税額  100万円

100万円×1.05÷0.05=2,100万円

この金額が建物の値段となります

注意するのが1点

1.05と、0.05は消費税5%のときに買ったと仮定していますので

平成9年3月以前に購入している場合には

3%で割り返す必要があります

平成元年3月以前であれば消費税はありませんよ!

しかし、契約書に消費税自体も載っていないこともあります

そのときのために簡便なやり方で計算する方法も認めています

建物の標準的な建築価額表

これは、その年に建築された建物は

だいたいこのくらいの価額で建築されているだろうということで

1㎡当たりの建築費で計算してもよいということです

<例>
昭和53年新築・木造 200㎡の場合

77.9 ⇒ 77,900円/㎡

77,900円 × 200㎡ = 15,580,000円 となります

簡便的ですね

譲渡は毎年あるわけでもないので

あまり慣れてませんよね

でわ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
福岡市で税務・会計・経営コンサルタント
山下久幸税理士事務所
★有料メルマガ絶賛配信中!
http://www.mag2.com/m/0001670898.html
〒819-0006 福岡市西区姪浜駅南1-8-5-412

お問い合わせは TEL 092-717-3648
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Categories: 1:やまの独り言

有料メルマガ 無料メルマガ ブックス(FAX)通信 勉強会セミナー情報 パートナー税理士募集
2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930