個人事業税

今日は「個人事業税」についてです

個人事業をを行っている場合には

法人と同じように都道府県が課税する事業税があります

個人事業税についてはこちらをご確認下さい
個人事業税


<税率>
事業の内容によって税率が違いますが

大きく分けると2つに分類されます

■一般的な事業 ⇒ 5%

■特別な事業 ⇒3%、4%

普通は5%と覚えておいて問題ないと思います

<税金の計算>
こちらも間単に説明します

■不動産、事業などの所得(利益)から

■青色申告特別控除を加算する(10万、65万)
 所得税で差し引いていたので
 事業税を計算するときは考慮されません

■前年以前分の赤字があれば相殺する

■事業主控除(290万円)を控除する

上記金額を差引きしたあとの金額に税率を乗じます

【例】
個人で八百屋をやっています

そこで計算した所得(利益)が700万円出ました

これは所得税の青色申告特別控除を控除(65万円)した後の金額です

過年度の赤字はありません

700万円+65万円-290万円=475万円

事業税は、475万円×5%=237,500円となります

<納税>
納付は都道府県から納税通知書が送られてきます

■原則的には8月、11月に納付です

例えば、20年分の確定申告を21年3月15日に申告しました

そして、21年分の事業税が21年8月、11月に納付となります

地方税は時期がずれるのが気持ち悪いですね

20年が大きく黒字で多額の事業税が発生し

21年になり事業を縮小して利益が下がっても

20年分の利益に対して課税されているので

負担が大きくなることもあります

資金繰りの計算に入れておきましょう!!

<経理処理>
■支払ったときの必要経費に算入できます

法人と同じ取扱ですね

前年分の所得を見て事業税が課税されていないか

確認は必要ですね!


この税金は意外と忘れがちです

法人税の税率は高すぎる(約40%)と言われますが

個人の税金も高いですよね

個人事業やっていれば最高で

所得税40%+住民税10%+事業税5%=55%

率だけで考えると法人のほうが断然有利に思います

私も独立したら税金は55%もとられるのか(^_^)v
手取りは利益の45%・・・・・・

悔しいです!!(TωT)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
福岡市で税務・会計・経営コンサルタント
山下久幸税理士事務所
★有料メルマガ絶賛配信中!
http://www.mag2.com/m/0001670898.html
〒819-0006 福岡市西区姪浜駅南1-8-5-412

お問い合わせは TEL 092-717-3648
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Categories: 1:やまの独り言

有料メルマガ 無料メルマガ ブックス(FAX)通信 勉強会セミナー情報 パートナー税理士募集
2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930