所得税徴収高計算書(納付書)

もうすぐ源泉の納付時期ですね

今日は所得税の納付書の記載のしかたを読んでました

その中で私が知らなかったのがありますのでご紹介します

納封書の記載のしかた ← くりっく

「税理士等の報酬」欄

ココには、弁護士や税理士などに対して支払った報酬額を記載します

で、次が知らなかった部分

「摘要」欄に記載すること

司法書士、土地家屋調査士及び海事代理士の業務に関して支払う報酬・料金については、「摘要」欄に

「○司」と表示し、← 司法書士の司を○で囲む

支給額及び税額を記載してください

へー知らなかったなー

なぜに司法書士などだけでしょうかね?

私が思うに、税理士関係は報酬の10%を源泉徴収するが

司法書士、土地家屋調査士、海事代理士は

報酬から1万円差し引いた金額の10%を源泉徴収するようになっているので

そのため区分して分かるようにしなさいってことですかね?
この1万円差し引くのも意味が分かりませんが。。。

少額不追及で??

あくまでも仮説です

しかし、今月の源泉の納付って1月10日は早すぎやしないかい?

正月明けでまだ休みモードなのに・・・

納期限の特例と同じで1月だけ

20日にしたらいいのにー(`∀´)

経理や総務の人たちは

12、1月はいろいろ忙しいですよね

源泉って仕組みもよく考えたもんだ

他の国もこんなシステムなのかな?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
福岡市で税務・会計・経営コンサルタント
山下久幸税理士事務所
★有料メルマガ絶賛配信中!
http://www.mag2.com/m/0001670898.html
〒819-0006 福岡市西区姪浜駅南1-8-5-412

お問い合わせは TEL 092-717-3648
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Categories: 1:やまの独り言

有料メルマガ 無料メルマガ ブックス(FAX)通信 勉強会セミナー情報 パートナー税理士募集
2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930