給与所得と必要経費のズレ

給与所得の課税時期について

・支給日が定められているものにつていは、

「その支給日」

・支給日が定められていないものについては、

「支給を受けた日」とされています
(所得税基本通達36-9)

例えば、

月末締めで翌月15日支給の場合には

12月分給与は翌年の1月15日に支給されることとなります


ここで問題が?!

その場合、年末調整するときには支給日で計算していいのか?

前年の12月分~今年の11月分の給与での年末調整となります

これはOKだと思います


次の問題

個人事業者の場合には、

12月分の給与が未払いとなりますが

12月分は今年の必要経費となります

この場合に支給額と必要経費算入額にズレが生じてもよいのでしょうか?

さらに、所得税の添付書類に青色決算書がありますが

そちらに従業員の賃金の内訳&税額の記入欄があります

そこにはどの金額を書くのでしょうか?

ついでに、1月に作成する法定調書とも合わなくなります

いいのかなー??

まあいいんでしょうね(^_^)v

そんな細かく見ないのかな?

今から年末調整の時期ですね

こちらの立場で考えると

上記の例で示した

月末締め翌月払いの給与の方が

年末調整しやすいですね

早く終わりますからね!
月末締め翌月の月末払いってとこはないでしょうから!

20日締め月末払いとか最悪じゃーん(^~^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
福岡市で税務・会計・経営コンサルタント
山下久幸税理士事務所
★有料メルマガ絶賛配信中!
http://www.mag2.com/m/0001670898.html
〒819-0006 福岡市西区姪浜駅南1-8-5-412

お問い合わせは TEL 092-717-3648
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Categories: 1:やまの独り言

有料メルマガ 無料メルマガ ブックス(FAX)通信 勉強会セミナー情報 パートナー税理士募集
2018年1月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031