M&Aサポート(出口戦略)

M&A(エムアンドエー)と聞くと、

自分には関係ないという感覚を受けますが、

『会社(自分)の最後はどうするの?』と問われると、

経営者であれば誰しもが考えるべきことではないでしょうか。

 

「出口を意識する」

このことは、会社経営においてとても大切なことだと考えています。

人生でも大切だと思いますが。

 

若くて、イケイケドンドンの時は良いかと思いますが、

人は必ず年を取り、必ず死にます。

この事実は、誰でも一緒です。

 

「終わりよければすべて良し」という日本語があるように、

我々も終わりがハッピー!になるよう意識してサポートしております。

 

短期的に儲けた、節税出来た、良かった、では、

あまり意味がありません。

 

長期的(出口も意識して)に見て、どうなるのか?

この思考がとても大切だと考えております。

 

 

さて、我々の事務所が考える経営のテーマは「継続と発展」です。

やはり会社は継続しなければ意味はありません。

継続するためには、成長する(発展)必要があります。

 

いい商品や、サービをやっている企業が、

それを提供し続けるためには継続する必要があるんです。

 

その事業の継続をサポートするために、

我々の事務所ではM&Aの仲介をやっている、

株式会社日本M&Aセンター(東証一部上場)の会員になっています。

 

 

▼日本M&A協会 理事会員 

経営パートナーM&Aセンター

http://www.nihon-ma.co.jp/network/accounting/40_26.html

 

 

こちらの理事会員であれば、

日本全国の企業の、会社や事業を「売りたい・買いたい」情報が共有されているため、

必要であれば我々の事務所から情報提供を行っております。

 

こちらのM&Aの情報が欲しい方(企業経営者限定)は、

以下の問合せフォームに「M&Aの情報提供依頼」とご連絡頂ければ、

定期的に情報を提供させて頂いております。

http://hisayukiyamashita.com/contact.html

 

また、会社を「売りたい」方も、

上記の問合せフォームから問合せて頂ければ、

一度面談し、内容を確認して会社の売却情報を載せることも可能です。

 

ただ売却の場合は、一定の手続きを経ての登録になりますので、

若干お時間がかかるかと思います。

 

必要であれば、日本M&Aセンターの担当と会社にお伺いし、

面談とご相談を受けることも可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。

 

※万が一売却の登録する場合は、

守秘義務契約など法的な契約は事前に交わしますので、ご安心下さい。

上場企業であればコンプライアンスにうるさいので。

 

 

最後に、出口を意識して経営をしていくと、

今の判断基準が変わってきます。

判断が変われば、結果も変わります。

 

ぜひ、長期的な経営でみてM&Aなども

経営の判断に活用してはいかがでしょうか?

 
 
 

対象者

・事業継承者がいない方

・事業やお店などを売りたい方

・今後、数年以内に会社をやめようと思う方

・会社や事業を買って、会社の発展を考えている方

・現在の事業以外に、多角化経営を考えている方

有料メルマガ 無料メルマガ ブックス(FAX)通信 勉強会セミナー情報 パートナー税理士募集