下線

今日は試験ネタで行きたいと思います

税理士試験の計算問題では
簿記、財表は解答欄を設けてありますが



法人などは、ただ枠があるだけで

個人が自由に書くことが出来ます

そこで、私は採点者が見たら
どれが答えか分かるように工夫をしています


それは答えに下線を引くということです


<例>

所得税の事業所得の計算

1.総収入金額

2.必要経費



④減価償却費

■ 建物   1,000,000 × 0.022 = 22,000

■ 附属設備 500,000 × 0.167 = 83,500

■ 機械    800,000 × 0.313 =250,400

 合計  355,900

こんな感じです ↑ ↑


これだと後で必要経費の金額を合計する際にも

漏れがなくなります

計算過程が長くなるとどれが大事な答えなのか??

一見すると分からないものも多いです

だから、採点者に「これが答えです!!」と

アピールしたほうが良いでしょう!!

他との差がつきますよ!!ヘ(゚∀゚*)ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
福岡市で税務・会計・経営コンサルタント
山下久幸税理士事務所
★有料メルマガ絶賛配信中!
http://www.mag2.com/m/0001670898.html
〒819-0006 福岡市西区姪浜駅南1-8-5-412

お問い合わせは TEL 092-717-3648
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Categories: 5:楽しい受験生時代

有料メルマガ 無料メルマガ ブックス(FAX)通信 勉強会セミナー情報 パートナー税理士募集
2017年11月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930