選択制確定拠出年金(日本版401k)導入サポート(投資教育)

将来の漠然とした不安というのは、

誰しもがあるのではないでしょうか。

 

経済社会の世の中なので、

ある程度お金の目処が立てば、

かなり不安が和らぐでしょう。

お金だけが全てではありませんが。

ここでは、そう言い切っておきます。

 

また、「日本の年金は危ない」という、

こちらも漠然とした不安しかありません。

 

「ではどうしたらいいのか?」

という答えも少ないのが現実です・・。

 

そこで我々からの提案は、

「確定拠出年金」を導入してはいかがでしょうか?

 

名前は新聞やニュースなどで聞かれた事があるかと思いますが、

内容はなんだか分からない方も多いと思います。

 

簡単に概要を説明すると、

自分で決まった金額を毎月拠出(運用)して、

将来の自分の年金を作りましよう。

という制度です。

 

というか、国から言わせると、

「自分で作って下さい」なのかもしれません。

 

ここ最近の国の税制や今後の流れをみると、

「自己責任の時代」ということが考えられます。

 

だからこそ、自らが知識をつけ、情報を集め、

自分で将来の不安を無くすことが大事になってきます。

そのサポートを我々がやっています。

 

この確定拠出年金には、「企業型」と「個人型」があります。

個人型は、各個人が金融機関で手続きをするんですが、

企業型は、会社で制度を作り、投資教育をして、

将来の自分の年金を積み立てようという、

ある意味、福利厚生的な制度です。

 

その企業型で「選択制」というものがあります。

選択制というのは、この制度を企業が採用していますが、

適用したいかどうかは、従業員さん個人で判断するということです。

 

「従業員さんが選択できる制度」

だから選択制の確定拠出年金ということです。

 

これには、以下のようなメリットがあります。

 

【メリット】

■掛金は、所得税や住民税の課税対象外のため、

 従業員個人の税負担が少なくなる

 

■掛金が、社会保険料等の算定に含まれないため、

 社会保険料(法人・個人ともに)の負担が少なくなる

 

※税金や社会保険料控除前から拠出できるので、

 長期的にみると、運用の面でかなり有利になります

 

■60歳以降の受取り時に、税制優遇がある

(一時金は退職所得、年金は公的年金等)

 

■掛金を自分で運用し、運用益が非課税である

 インフレなどの経済環境の変化にも対応できる

 

■スタッフに投資教育などをするため、

 お金や経済について興味がでて、成長できる

 

■福利厚生としてしっかりしているので、

 人の採用において他社との差別化ができる

 

【デメリット】

■原則60歳までお金の引出しができない

 

■企業において、導入時にコストがかかり、

 毎月も一定のランニングコストがかかる

 

■従業員さんが一旦加入してしまうと、掛金の停止ができない

 最低額にすることは可能

 

■社会保険料の算定が下がるため、

 将来の公的年金が下がります(その他の受給についても)

 

 

などが考えられます。

 

今後の流れをみると、

この確定拠出年金制度の金額や要件が緩和されてきています。

 

逆に、厚生年金の負担は平成29年まで、

少しづつですがアップすることはずいぶん前から決まっています。

また、今後も上がる可能性は高いでしょう。

 

ご自分の源泉徴収票を確認すると一目瞭然です。

税金以上に、大きく払っているのは社会保険料ですから。。。

ただ、給与天引きで、払っている意識が無いので、

高いと感じないんですよね。

これが税金と同じく、分からせない(気づかせない)「日本式システム」です。

 

大企業はドンドンこの制度を取り入れています。

中小企業においても、この流れは強くなるでしょう。

 

採用する、しないにかかわらず、

一度このような情報を聞いてみることをオススメします。

 

 

こちらが我々が提携している会社のサイトです。

詳細はこちらをご確認下さい。

 

▼株式会社オールニュートラル様

http://www.401k-allneutral.com/

 

対象者

・法人及び個人事業主の代表で、スタッフを雇われている方

・スタッフの福利厚生と投資教育を考えられている方(他社との採用の差別化になります)

・将来のために、自分で資産運用を検討されている方

・社会保険料や税金を減らしたい方

料金

こちらのサービスへの問合せは、以下のリンクをクリックし、

お電話か、問合せフォームに入力してご連絡下さい。

後日、担当の者より連絡を差し上げます。

問い合わせフォーム

 

有料メルマガ 無料メルマガ ブックス(FAX)通信 勉強会セミナー情報 パートナー税理士募集