資金繰りは大丈夫か?

財務・税務コンサルティングメニュー

経営分析で何が分かるのか?我々はいつも疑問に思っています。経営のリアル感をまったく感じません。また、税金の話だけで、経営の役に立つのか?まったく役に立ちません。しかも税金や数字の話になると、過去の数字だけを見て話をすることが多いです。

我々は、過去の数字を見ながらも、未来の数字をしっかりシュミレーションします。過去を見てもその結果は変わりません。そこから、「未来はどう行動していくのか?」ということが大事なのです。そのための経営の判断に役立つ数字を提供しお話しをしています。

以下、我々の考えを記載しておりますので、ご参考に下さい。

資金繰りは大丈夫か?

極論を言えば、会社が赤字でも資金があれば倒産はしません。
また、黒字経営でも資金が尽きれば倒産します。
だから、資金の管理をしておくことは非常に重要です。

我々は、タックスマネジメントでも書いたように、
1年先の税金、1年先の資金繰りを、
毎月顧問先様と共有、検討しています。

我々のサービスで、ご要望があれば、
経営者個人のライフプランもお手伝いしております。

これを毎月管理することにより、
ある程度不安は和らぎます。

そんな未来の事は分かりませんが、
分からないからこそ、計画・準備が必要なんです。

また、この資金管理をしておくことにより、
銀行との信頼関係も強くなります。

何故かと言うと、
いつ、何に、お金が必要かを毎月検討していますので、
将来この時期に借入の検討をしなければいけない。
銀行に打診するのはこれぐらいだろう。
というのが、ある程度予想できるからです。

銀行も今月末お金がいるんだ!
と言われると、この会社は資金繰りが厳しいな・・。と不安になり、
借入できる会社でも借入れできない可能性もあります。

経営者の資金繰りの不安が全くゼロになるわけでありませんが、
資金繰りにバタバタする必要は無くなります。
だからこそ、しっかり営業や経営者の仕事が出来る時間を作れるのです。

こちらからお問い合わせ下さい。

問い合わせフォーム

 

有料メルマガ 無料メルマガ ブックス(FAX)通信 勉強会セミナー情報 パートナー税理士募集