毎月、業績把握の時間を作る

財務・税務コンサルティングメニュー

経営分析で何が分かるのか?我々はいつも疑問に思っています。経営のリアル感をまったく感じません。また、税金の話だけで、経営の役に立つのか?まったく役に立ちません。しかも税金や数字の話になると、過去の数字だけを見て話をすることが多いです。

我々は、過去の数字を見ながらも、未来の数字をしっかりシュミレーションします。過去を見てもその結果は変わりません。そこから、「未来はどう行動していくのか?」ということが大事なのです。そのための経営の判断に役立つ数字を提供しお話しをしています。

以下、我々の考えを記載しておりますので、ご参考に下さい。

毎月、業績把握の時間を作る

自己紹介で書いた言葉を、再度使わさせて頂きます。

二ノ宮尊徳は言います。
「道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である」

我々は、これを基本スタンスとして考えていますので、
経済(業績数値)を毎月経営者と一緒に話し合います。

特徴としては、我々が説明する資料は、
一般的な会計ソフトなどから出力される資料は、
一切使っていないということです。

何故かと言うと、あの定型的な資料では、
会社の業績が分かりづらいからです。

会社には業種の違いや、各々特徴があります。

何の数字が必要なのか?
経営者が知りたい数字は?

こういったものを、我々がオーダーメイドで作成し、
毎月ご報告させて頂いております。

我々はこれを、「コミュニケーション」の一つとして利用しています。

数字で現れている結果を元に、
こちらから現状をヒアリングして、
経営者が気づかなかったことを引き出しています。

このコミュニケーションを毎月やることが非常に大事だと考えております。

経営は日々動いています。
またコミュニケーションを定期的に取ることで、
会社の状況、経営者個人の事を深く知るようになり、
そこから、色々なご提案が出来るようになります。

そのため、我々は定期的な業績把握の時間を取ることを大事にしております。

こちらからお問い合わせ下さい。

問い合わせフォーム

 

有料メルマガ 無料メルマガ ブックス(FAX)通信 勉強会セミナー情報 パートナー税理士募集